読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っておきたい「カラダと健康」

1日1日その日にできることをやって健康に充実して長生きしたい!

喉が痛む?風邪かなって思った時の対策

 空気が乾燥し寒くなってくると咳くしゃみ、鼻水そしてのどの痛みもしかして風邪?と感じた時にやるべき対策を5つ

 

のどの痛みの原因

風邪のひき始めに感じるのが、喉のいがらっぽくなったり、ちくちく痛くなる症状です。

乾燥することで風邪の細菌やウイルスが口や鼻から入ってきた結果、喉に付着し刺激され、くしゃみや鼻水がでる症状が、まるで体がウイルスの侵入に対し警告を発し、いち早く吐き出させるための信号を送っているかのようです。

 

喉の違和感を感じたら、早めの対策こそがウイルスの数を減らし、風邪の症状が軽減されることにつながるはずです。

 

喉に違和感を感じたら①うがい

 即座にうがいと鼻をかむ。

付着した菌やウイルスを少しでも減らすならば、手洗い、顔洗い、そしてウガイと鼻かむこと。口の中に風邪のウイルスが入ってきたということは、手や顔にも菌が多くついている可能性もあるので、その周辺、顔や手なども洗う方がいいでしょう。

ちなみに、歯を磨くのも有効、菌が歯の隙間からかき出すことと殺菌効果があること。

 

喉に違和感を感じたら②温める

 のどを温める。マフラーやタオルなど首に巻き付けることで、自分自身の体温を下げずに保温できます。体が温まることで免疫力が強化され風邪を症状を悪化させないように体が頑張ることができます。

 

喉に違和感を感じたら③乾燥を防ぐ

 冬になると空気が乾燥し下に溜まっていた、風邪の菌やウイルスが空気中に舞いやすくなるため、インフルエンザや風邪が蔓延しやすくなります。そんな時、部屋の中ならば加湿器を使ったり、ヤカンなどの蒸気などを利用して湿度をあげるなどするといいかもしれません。

 

また、ウイルスが口や鼻から入るのを防ぐマスクを着用することで、喉の乾燥を防ぐことができます。

 

水分補給

 単純に水分補給するだけでも、喉の乾燥を防ぐこともできますが、体や喉を温める効果のある緑茶や紅茶など、殺菌効果実見込める飲み物をとるのがいいでしょう。

 

のど飴

 単純に市販ののど飴も、効果があります。

唾液が分泌され乾燥を防ぐと同時に、殺菌効果のあるハチミツやビタミンcなどの補充も、いろいろな種類があるので喉によさそうな好みののど飴を購入しましょう。

 

抗菌作用がある食べ物

 ハチミツには殺菌と消炎作用があることは良く知られていますが、その他の食材としてネギやニンニクにも抗菌作用が、また大根には炎症を鎮める効果もあるので大根おろしなど意識的に取るのがいいでしょう。

 

バランスが取れた食事とスタミナ料理

 なんといっても体の抵抗力を高めることが大事!風邪のひきやすい季節ではよく体が温まる鍋料理や餃子などにんにくが入ったスタミナ料理を食べるのがいいでしょう。尚且つビタミンCなど風邪予防に大切な栄養をバランスよく取るのが重要なポイントです。

 

十分な睡眠

 寝不足やストレスはカラダにいいわけがありません、冷え込みが激しい朝晩の温度差で相当体力も消耗していますので十分な睡眠時間をとり、体を休ませるのも大事です。

 

最後に病院へ

 時間が経ってもなかなか喉の違和感が取れないなど異常があった場合は、風邪以外が原因の場合が高いので病院に行くことをおすすめします。

 

まとめ

 ウイルスは空気中に舞っていますので、自分の体の抵抗力を高めるために規則正しい生活と、バランスのとれた食事十分な休息を心掛け。尚且つ、マスクを常時しっかりかけて、うがい手洗いの徹底。体の中に菌やウイルスを入り込ませないことが大事。

例え風邪になったとしても、体を温めて安静にし一晩寝ればスッキリ治っていることが多いでしょう。

皆さんも喉の異常を感じたならば即座に対策をすることをおすすめします。

スポンサーリンク