読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っておきたい「カラダと健康」

1日1日その日にできることをやって健康に充実して長生きしたい!

【めぐすり必要?】目薬に頼る前にやるべきこと!

目薬必要?

 最近疑問に思うのが目薬の必要性。

そういえばここ数年目薬を使っていない。目にゴミが入ったら水で洗い流している。

目が充血している目が疲れている状況は目をちゃんと休ませろという体からの警告だし、それを目薬で直すことは不可能。

 

目にゴミや細菌が入るということ

 目にゴミや細菌が入った状況なら、顔全体や頭の毛、眉、眉毛にもゴミや細菌が付着していることになるし、目をこする手にもついているはず!

中国からは黄砂、スギ花粉が空中に舞っているのだから生活空間に普通に漂っている。

そんな状態ならば、目薬よりも顔や頭、なにより手を洗う方が優先的にすべきことで、そのうえで目の表面を水で洗い流さなければ、結果また同じようにゴミや細菌が入ることになる。

そうしたうえで目薬をさすならば何ら問題はない、いや水で洗い流せばほぼ目薬など必要ない。むしろ、目の周りを指で触るぐらいなら目薬なんてしない方が安全。

 

目薬にも雑菌が入っている

 考えてみてほしいが目薬って1回じゃ到底使い切れないから何回も使う、その期間は人にもよるだろうけど1か月いや下手したら3か月以上も。使うたびに空気に触れ埃や雑菌に触れている。

ペットボトルの飲みかけを一週間放置したら夏なら確実に腐っている。目薬は防腐剤の力で腐らないんだろうけど決していいとは思えない。あるネットでは目薬の濃縮した防腐剤は目を傷つける恐れがあるそう。

目薬の使用期限などなかなか見ることはないと思いますが、だいたい目安が1か月ほど。直射日光や夏のような高温だと1か月持たないかもしれません。

 

目は鼻につながっている

 目薬をすると鼻に目薬の匂いや味がすることを経験している人もいるでしょう。そう目は鼻や口と繋がっているので目を綺麗にすると同時に鼻や喉も綺麗にしなければ意味がないです。

 

目薬の副作用

 どんな薬でも副作用はあり、目が薬に慣れて効果が薄れ充血しやすくなるとのこと。気軽に目薬をさすことで逆効果になっているかもしれません。

 

まとめ

 目が充血した場合や目を酷使した場合は、体のSOSだと思って目を休ませることが一番です。埃やゴミはが目に入った場合は顔や頭を洗うのはもちろん、のどや鼻も綺麗にした方がいいです。

目薬に頼るのではなく、洗い流せるものは洗い流す、目薬の役割も目に刺激をあたえて涙を誘発させ中のゴミを流すぐらいにしか市販の目薬の効果と言えばそれぐらいしかありません。

やはり自分の涙が一番の薬なのです。

 

洗い流しても痛みがある場合は眼科医に見てもらうのが一番です。

スポンサーリンク