読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っておきたい「カラダと健康」

1日1日その日にできることをやって健康に充実して長生きしたい!

風邪薬よりもハチミツ!ハチミツプラス効果で風邪の治りがぐっと早くなるやり方7つ

風邪っぽい症状

 何だか風邪っぽい…のどが痛い…咳が出る…鼻づまり…

ちょっと風邪ひいちゃった?っていう時にはまず、体に抵抗力をつけるように考えましょう。そして、風邪のひきはじめにはハチミツとプラス食品で次の日にはケロッと治っているそんな食品や飲み物を紹介します。

 

とりあえず、飲む前や食べる前にはうがい手洗い鼻をかむなど、風邪の菌を体の中に入れないようにするのも大事ですね。

 

1・チミツ+牛乳

 はちみつは殺菌効果があるので、のどの痛みや腫れによく効きます。

家庭ではハチミツ湯や、ホット牛乳にハチミツを入れたりすると体を温める効果も。夜飲むときは紅茶などのカフェイン入りの飲み物は飲まない方がいいですね眠れなくなる可能性があるので。

2・ハチミツ+大根

 大根にハチミツをかけて食べる。ハチミツ大根が江戸時代から風邪薬の代用品とされ、子供や妊婦さんはこれを食べるような習慣があったそうで今でも定番になっています。喉が痛い時咳が止まらない時は試し目見てください。

3・ハチミツ+レモン

 切ったレモンにハチミツをかけて食べる。ビタミンCのたっぷりのレモンとハチミツは定番でしょう。ウイルスに対する抵抗力と殺菌力を高めてくれる効果が!好みによってはレンジでチンしたり、お湯を足して飲むのも美味しくいただくコツですね。

4・ハチミツ+かりん

 のど飴の種類にもかりんがあるように、のどのいいことは間違いないです。喉の痛み止めの漢方薬にもなっているぐらいです。かりんとハチミツを漬けてお湯割りで飲むのが昔ながらの定番の人も多くいることでしょう。

5・ハチミツ+フルーツ

 ハチミツと共に取りたいのがビタミンCたっぷりのフルーツです。

時期にもよりますが、梨やリンゴなど秋の味覚の果物を切ってハチミツをかけて食べるのもいいですね。

おすすめはパイナップル、殺菌効果や炎症を抑える効果があるそうで、ハチミツを加えたら効果は抜群です。

6・ハチミツ+生姜

 ショウガは体を温める作用と喉の痛みを和らげる作用があります。これも定番と言えば定番ですね。水に溶かしてジンジャーにハチミツを入れれば完成。ショウガの独特な匂いが苦手な人もいるので量は控えめで。

7・ハチミツ+コーラ

 香港では風邪予防によくホットコーラにハチミツを入れて飲むそうで定番だそうです。ただ、カフェインが入っているので夜は飲まない方がいいですね。また糖分も気になる所です。

 

 まとめ

  今年も寒くなってきたので、風邪になった時の準備はしておいた方がいいですよ。

普段買わないハチミツを買い、みかんを含めカットしたパイナップルも自分は購入しました。

食べ物は長ネギたっぷりのラーメンも冬には欠かせないです。長ネギは常に家で常備です。ショウガ湯はちょっと苦手なので生姜焼きの時にたっぷり入れて食べたいと思います。まずは抵抗力が落ちないように食事の管理はしっかりバランスよく取るように心がけています。

後はマスクとのど飴、外に出る時は必需品です。

風邪もひき始めが肝心で暖かい服装と十分な睡眠がやっぱし一番の予防でしょう。

皆さんも風邪にならないように予防が大切です。

スポンサーリンク