読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っておきたい「カラダと健康」

1日1日その日にできることをやって健康に充実して長生きしたい!

子宮頸がんワクチン副作用問題!

子宮頸がんワクチン副作用で200人近くが回復せず

 今から2年前に子宮頸がんワクチン副作用が問題になり、副作用で頭痛や倦怠感、関節痛、酷い場合は認知機能の低下などの症状がでた。

厚生労働省の追跡調査だと338万中健康被害は2600人うち200人近くが症状が回復していない調査結果が出た。

とても気の毒な事であるとともにその重すぎる副作用に絶句である。

 

 

子宮頸がんワクチンは必要なのか

 まず、性交渉しなければ感染しないということ、男子の包茎によるたまったカスが「ヒトパピローマウイルス」の感染によるものだということらしい。

 この問題からして、女性だけにワクチンを打つことで解決を試みる男社会のエゴが見え隠れしているようだ。要するに原因があるとすれば男の包茎であり不衛生な状態もそこに存在していること、男子が生まれた時に包茎手術をしてしまえばカスがたまることも少ないし、性交渉の時の教育として衛生面やコンドームの使用をもっと男子に教育すべきだろう。

それと、このワクチンの効果も疑問視

ある新聞にはメリットは10万人に7人という表現で記事になっていた。

これは予防接種をしても効果は10万人に7人しかありませんよという意味なのか?ならばこのワクチンの有効性も数字として知りたいところ!

なんせ、癌がワクチンで予防できるなんて何とも理解しにくい。

 

副作用が出た親は苦しんでいる

 338万人中2600人で副作用の症状が出た。約0.08%この数字は高いのか低いのか何とも言えないが、ワクチンを受けさせてしまった親の後悔も計り知れない。副作用がなかった親にとってみれば安堵している反面、ロシアンルーレットのごとく当たってしまった人達にとっては後悔と怒りは相当なものだろう。

 

治療法なし

 副作用が起きてしまった200人は、2年以上たっても症状に苦しんでいる、そして何より治療法が確立されていない。少女に達にとってみたらこの先も見えない長いトンネルから光がもたらされるのだろうか?

 

ワクチンを受けたあとの不安感

 

  ただ、酷い症状が出ないにしろ、ワクチンを受けてから何かしらの体の変化があった場合それがワクチンのせいかどうかとても不安になっている。

 

自民党の三原じゅん子Twitterには

 

 

  2009年の報道記事によると、当時の舛添厚労相はワクチンについて「他のものより優先させて承認していきたい」と述べています。

子宮頸がんワクチンの危険性について - BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。

  これを推し進めてきた自民党議員や公明党議員と、製薬会社との政治献金的な何かがあるのだろうか?

政治的な不信感もぬぐえない。

スポンサーリンク