読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っておきたい「カラダと健康」

1日1日その日にできることをやって健康に充実して長生きしたい!

ほうれい線を消す方法!

えっ!老けた…

 なんとなしに電車の窓に映った自分の顔にぞっ~、スマホに写った自分の顔にぞっ~。そこには、ほうれい線がくっきりと…

想像以上に年をとった瞬間ランキングでも1位がほうれい線が消えないこと!やっぱりショック!ショック!

 

ほうれい線の原因

 原因は年代によっても変わる、20代ならダイエットや紫外線、笑いすぎた時のしわ。30代なら筋肉の衰え。40代なら加齢。その他の理由とすれば、横向きで長時間寝ることによってできたり、寝ている時に食いしばることによっても影響があるとのこと。

昔はほうれい線がまったく目立たなかった綺麗な女優さんや有名人が、30代、40代になりデジタル化されたテレビで鮮明化されるとさすがにほうれい線がくっきりと、誰でも年齢と地球の重力には勝てないようです。

 

ほうれい線対策

保湿クリーム

 ほうれい線対策は、まず肌の乾燥を防ぐために保湿クリームや乳液をしっかりすること、そのあとでマスクをして保湿効果を高めつつ睡眠をとる。

 

マッサージをする

 舌や口周り筋肉を鍛えつつ、血行を促進させるために、べろを回したり口周りのを指でマッサージするのが有効。美顔ローラーをコロコロさせるのもよし。

 

紫外線対策

 肌のダメージが大きいのが紫外線、日焼けによってほうれい線の原因に直射日光をさけ日焼け止めをぬるなどの対策が必要。

 

タバコは吸わない

 タバコを吸う人は顔のしわが多くなる傾向があるとか、それにビタミンCも奪われる00害あって一利なしです。副流煙の影響もあるので吸う人のそばにも要注意ですね。

 

ビタミンCを含む食べ物と栄養バランス

 やっぱし栄養バランスのとれた食事をするのが基本、それにプラスビタミンCなど肌にいい食品を多くとることやゼラチンなど、コラーゲンを含む食材も肌にいいとされています。

 

ストレスをためない

 やっぱしストレスは肌によくありません、ストレスをためすぎないよう適度な運動やストレス発散を心がけましょう。

 

十分な睡眠

 睡眠不足は肌に悪いことはもちろん、寝ている間に成長ホルモンの分泌(若返りホルモンとも呼ばれている)や、新陳代謝を活発にする働きはによって肌を修正してくれる。

 

まとめ

 もともとしわになりやすい箇所なので、年齢によって誰でも出てしまうのは仕方がないことなので気にしすぎもよくないかもしれませんね。ただちょっとした意識や、掃除の間にベロを回してマッサージしたり、テレビを見ている時に指でマッサージしたりするのがいいかもしれません。習慣化させれば意識せずに筋肉がつき目立たなくなるかもしれません。

 

スポンサーリンク