読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っておきたい「カラダと健康」

1日1日その日にできることをやって健康に充実して長生きしたい!

夏だから“使い捨てカイロ”!! 夏バテ防止、免疫力アップ、ダイエットに

 夏は暑い、、、

 夏は暑いのがあたりまえでしょ!? 薄着、冷たいアイスに飲み物、家ではエアコン、オフィスでは冷房が、外気との温度差もさることながら、実は室内では体を冷やしすぎていた!これ、夏バテにもなりやすく、体力を消耗し、免疫力が落ち風邪を引きやすい原因に。

夏に使い捨てカイロ

 まさか夏に使い捨てカイロなんてありえないと思いでしょうが、冷房で悩んでいる女性も多く、わりと夏にカイロが売れているのだとか。

使い捨てカイロがいろいろな効果をもたらしていた

夏バテ防止

 室内と外の温度差が激しく、特に個人の感覚で温度設定できないオフィスや電車、デパートなどの空調が冷えすぎて具合が悪くなる人も多いはず。そんな時はお腹に貼るカイロをつけるのが効果的、暑い外では外しビニール袋へ(使い捨てカイロは鉄が空気中の酸素と反応して熱くなるので空気に触れないようにすると長持ちする)お腹を温めることで手足もぽかぽかしてくるので、外との差を感覚的に縮めることができ夏バテ防止する効果が生まれる。

むくみ解消

 熱中症対策に水分補給が呼びかけられるし、意識して飲む人も多いはず。暑すぎる外の場合なら飲み過ぎても汗となって蒸発するでしょう。しかし、オフィス等の室内だと逆に水分が溜まってしまい「むくみ」の原因に。そこで腎臓周辺にカイロを貼ることで、血行が良くなり水分も蒸発、むくみを解消してくれる。

便秘改善

 女性に便秘が多いことの原因が冷え性。からだが冷えることでお通じにも影響するようです。そんな時もお腹にカイロを貼ることで腸の動きを良くし、血流改善させ排泄作用が促される。

免疫力を強める

 風邪が引きやすいなど、病気になりやすい人は体温が低い、1度下がると免疫力が40%も下がってしまうのだとか、体を温めることで血管拡張し血流が良くなり内臓や脳に酸素の供給や栄養素が回りやすく免疫力が強化される。そこでお腹をカイロで温めることで免疫力がアップし病気になりにくくすることができる。

生理痛緩和

 女性の悩みと言えば生理痛、背中の骨盤あたりに貼るカイロをつけることで骨盤が温められ子宮や卵巣の血行が改善され生理痛を緩和してくれる。

ダイエット効果も

 体温が1度上がると、基礎代謝は12%アップするのだとか、エアロビクス30分相当のカロリーを消費できる計算に。運動系のダイエットが続けられない人も貼っておくだけなら簡単。

 

(注意すること)

 心臓付近にカイロをつけると、心臓に負担がかかり良くないので、胸周辺は貼らないように注意。

 低温火傷に注意。長時間同じ場所に貼り続ける、直接肌に貼るなどすると火傷する可能性も、それぞれいろいろなタイプのカイロがあるので「カイロ」に書かれている注意書きよく読んで守ることが重要。

 

まとめ

 夏にカイロと思われていたけど、室内で冷房にあたりながらの仕事をする人にとっては必需品になりそうなぐらい、いい効用が多いようです。特に冷え性で悩む女性は一度試してみるのもいいかも。効果がないと思えば貼ったカイロを捨てればいいだけ。実に簡単です。お試しあれ…

 

スポンサーリンク